2013年05月14日

幼児期の頭脳は使えば使うほど成長する

それでも、幼児のときからそんなに詰めこんで色々教えてしまったら、成長するにしたがってもう育つ余地がなくなってしまうのでは、と心配されるかもしれません。そんな疑問に対しては、運動能力を例にして考えると、わかりやすいでしょう。

オリンピックにも出た元体操選手の池田敬子さんは、ご主人も体操選手でしたので、素質的には申し分ない子どもが生まれるはずだと考えました。それで最初の長女が生まれたときには、小さいときから体操の訓練をして育てたので、見事に運動神経の発達した子どもになりました。

ところが、2人目の子どものときには、素質があるから放っておいても、自然に運動神経の発達した子どもになるだろうと思って、特別に何も訓練しませんでした。

すると、その子どもは4歳になっても、30センチの高さの所から飛び降りることができないほどの「運動オンチ」になってしまったというのです。あわてて訓練を始めたのですが、そのと
きには、もう遅かったといいます。

運動能力も、決して素質ではなかったのです。適応能力が非常に高い乳幼児期に行なう訓練こそ、どんな素質よりも効果的なのです。頭脳もそれと同じことが言えます。どんなにすぐれた素質や能力をもっていても、それを特に乳幼児期に使って訓練しなければ、だめになってしまうのです。使わなければ脳も発達しないのです。

ソ連の神経生理学者ポリス・N・クロソフスキー博士は、生まれたばかりの子猫と子犬をふたつのグループに分け、一方にはふつうの育て方をし、もう一方には、ゆっくり回転するターンテーブルの上で生活させました。このふたつのグループの違いは、動いている世界にいるか動いていない世界にいるか、というだけのことです。

クロソフスキー教授は、子猫と子犬の生後10日目から19日目までの脳を摘出して調べてみました。その結果、ターンテーブルで生活していた子猫と子犬の脳は、ふつうの子猫と子犬の脳に比べて22.8%から35%ほど大きくなっていたという結果が得られたのです。

わずか生後10日目から19日目でも、動いている世界にいたほうの脳が、明らかに発達したということです。これは、何を意味するのでしょうか?生まれたばかりの脳に刺激を与えることによって、脳細胞が大きく発達するということです。


何も刺激を与えない(インプットしない=使わない)と脳はそのままですが、回転するターンテーブルの上で生活するという、わずかな刺激を与える(インプットする=脳を使う)だけで、脳細胞が大きく成長するということなのです。

子猫や子犬の実験と人間の幼児を同等に考えることはできないかも知れません。しかし、少なくとも、幼児期からの早期教育が脳の発達を促し、その成長に大きく寄与することは十分に考えられるわけです。逆に言えば、爆発的に成長する時期に脳を使わなければ、脳の成長はあまり望めず、その後における学習能力に影響するのです。それを証明するのが、脳波の働きです。

脳波は、ふつう1秒間に電気的信号が伝わる波の数によって分類されていますが、特に、脳の働きを活性化することで知られているのが、8~14ヘルツのアルファー波と呼ばれているものです。創造活動には、このアルファー波が活発に脳から放出されている状態が、非常に理想的なのです。ですから、学習をするときにはこのアルフアー波が出ていればいいのです。

ところが、ふつうわれわれが日常的に活動しているときに脳から出ているのは、14~30ヘルツのベーダ波と呼ばれるものです。ベータ波は、左脳的に習慣的な働きをする脳波で、日常的な活動をつかさどります。

学習するときは、脳からアルファー波が出るようなリラックスした状態をつくる必要があります。瞑想などのメディテーションもそのひとつです。ところが、この学習するのに非常に便利なアルファー波が四六時中出ている時期があります。それが幼児期なのです。ですから、この幼児期に早期教育をほどこすのがとても効果的なのです。また、その後に脳波がベータ波に変わってしまっても、柔軟に対応できるようになります。

posted by kosodate at 19:35| 証明された「能力」 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。