2012年11月12日

なぜ3歳までなのか

なぜ「3歳まで」なのでしょうか。それは、脳の神経回路が3歳でほぼ固まってしまうからです。身長の場合は、個人差はあっても、思春期の15、16歳くらいまではぐんぐん伸び、だいたい女子で16歳、男子で20歳くらいで止まります。しかし、脳の場合は、その成長のピークは、生まれてから3年間なのです。

3歳で約7、8割の脳の神経回路ができあがってしまいます。ですから、この急成長しているときに、どんどん栄養になる知識や体験をインプットする必要があるのです。

では、いつから教育を始めたらいちばんいいのでしょうか。1歳から始めればいいのでしょうか。2歳からでしょうか。ビッテ式「家庭保育園」では胎児や0歳から始めるのが最良という驚くべき結果が出ました。それは子どものもつ能力は年齢に反比例するという法則があるからです。

これを「才能逓減(ていげん)の法則」と言います。胎児や0歳のときの教育効果が最高で年を重ねるにつれて、徐々に能力がおとろえていくというものです。それを示すいい例が、インドの森林でオオカミに育てられた人間の子どもの話です。有名な話なのでご存じの方も多いでしょう。

アマラとカマラのふたりの女児は、幼児のときにオオカミに育てられました。発見されたとき、小さいほうのアマラは2歳、大きいほうのカマラは7歳になっていました。その後、ふたりは神父に引き取られて人間として育てられましたが、もはやそのときには手遅れでした。

どんなに熱心に言葉を教えこんでも、死ぬときまでほとんど話せず、覚えたのは少しの単語だけでした。彼女たちが神父に引き取られたときには、アマラとカマラには、もうすでに言葉を覚える能力がなくなっていたからです。

もし、アマラとカマラが、ふつうに育てられていれば、おそらく言葉をしゃべれていたでしょうし、ごく当たり前の人間として一生を終えたことでしょう。ただアマラとカマラがほかの子どもと違っていたのは、誕生直後の大切な時期をオオカミによって育てられたということだけです。

幼児期に、どんな環境に置かれ、どんな生活をしたかが、人の能力を左右するのです。アマラとカマラは人間としては失格でしたが、四つ足で走る、獲物を襲うといったオオカミとしての能力は、人間以上というよりは、オオカミそのものの能力をもっていました。

無限の能力がある3歳までに、オオカミとして生きる訓練を受けたのですから、それ以外の能力は育ちようがなかったのです。それでも、「才能逓減(ていげん)の法則」にあるように、上の子のカマラよりも下の子のアマラのほうがたくさんの言葉を覚えましたし、家庭生活にもなじんでいました。オオカミ少女アマラとカマラのこうした例からも、幼児期の教育がきわめて重要だということがわかります。

posted by kosodate at 06:00| 証明された「能力」 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。