2012年10月31日

心優しい天才児が続々と、ビッテ式「家庭保育園」の奇跡

いかがでしたでしょうか。実際にこうした数々の体験談が寄せられていることからも、驚くべき幼児の教育革命が静かに、しかも着実に進んでいることがわかっていただけたと思います。

はじめに、でもご紹介しましたように、「家庭保育園」のすぐれた教材を0歳から3歳までの幼児たちが使うことで、何と平均IQが159という奇跡的なものになっています。また、IQ140以上の天才児の出現率は75.3%で、通常の出現率(0.6%)の何と125.5倍なのです。

これまでの常識をはるかに超えた天才児たちが全国で続々誕生しているのです。こうした天才児たちの母親や父親は特別な人たちではありません。ただ胎児や幼児は無限の可能性をもった素晴らしい存在だ、ということを信じ、実践してきた人たちなのです。

体験談を見てもわかるように「子どものために少しはいいのだろうから」といったい軽い気持ちで「家庭保育園」を実践した方もいますが、実際、わが子がその奇跡的な能力を発揮する姿をまのあたりにして感謝のお便りをくださった方もたくさんいました。

心が優しくて好奇心が強く、積極的でIQの高い子どもとしてわが子が成長していく姿を見ることは、何よりも親としての生きがいであり、そうした子どもとの交流はわくわくどきどきするような楽しさの連続なのです。
posted by kosodate at 00:13| 証明された「能力」 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。