2012年09月28日

3歳の検査でIQが202、すべてに意欲的な子に

1歳6ヵ月のとき、ビッテ式「家庭保育園」に出合い、それまでの育児を反省させられました。当時は、カードー日100枚、本読み30冊、外遊び、ESP記憶遊びなどを毎日欠かさずにしていました。カードは子どもが寝てから、夜中の2時、3時頃までつくりました。

カードづくりも苦痛ではなく、広告や古本などを利用して、私のほうが楽しんでいたようです。フラッシュしかカードも2000枚は超えたと思います。男の子でしたので、じっとしているのが嫌いで、ドッツカードなどを見せるのに一苦労でした。

ドッツカードに変化をもたせるためにカードの間にキャラクターを入れたりして、子どもが興味を覚えるように工夫しました。飽きやすいので、朝、起きてすぐにできるように枕元に置いてみたり、良が興味をもちやすいように毎日、色々な方法を考えました。

最初はそれでも、本当に頭に入っているのかと疑問を感じる日々でしたが、1歳8ヵ月の頃から、それまでにインプットしていたことが一気に噴き出るように出てきました。ひらがなは全部読めるようになり、漢字や世界の国旗も、100枚ほどはスラスラ覚えました。俳句、四字熟語やことわざも、よく口にするようになって、主人も驚いていました。

何よりも言葉の数が同し年齢のお子さんよりもかなり多く、近所の方もびっくりされました。2歳半くらいになると、本をひとりで読めるようになり、短い内容だと、ときどき、私にも読んでくれるようになりました。3歳のときの知能検査ではIQが202でした。

息子も5歳になり、幼稚園に入園したのですが、担任の先生に「○○くんはほかのお子さんにはない素晴らしいものをもっていますね。何かされていたのですか?」とうれしい言葉をいただきました。2歳の頃に覚えていたカードもほとんど忘れてしまい、一時は残念に思ったのですが、そうではなく、当時やっていたことがすべての土台になった気がします。

何を教えてもすごく飲み込みが早く、何にでも意欲的な子に育ってくれました。何よりもよかったと思うのは、ビッテ式のプログラムを通して、親子のスキンシップがはがれたことです。本当に子どもの能力は素晴らしいと実感しています。
posted by kosodate at 19:00| 驚くべき天才児たちの誕生 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。