2012年06月12日

それほど熱心でもなかったのに早期教育でとてもいい子に

生まれてきた子どものために、よい環境を整えてあげたい、豊かな心を育てたいと、親になれば誰でも願うことでしょう。ですが、情報や物があふれる中で何を選んだらよいのか、迷ってしまうというのが現状ではないでしょうか。

7年前の私も、何かしてあげたいけれど、いわゆる英才教育には抵抗があり、教えこむやり方はしたくないと考えていました。そんな時期に、ビッテ式「家庭保育園」を知り、まず、絵本の質のよさにひかれ購入したのです。

私自身子どもの頃、あまり絵本に接しないできてしまい、子どもといっしょに楽しめたら、という思いでした。そんなきっかけでしたから、「天才児に育てる」とか「子どもの無限の可能性を信じて」という言葉を見てもピンとこず、あまり熱心に働きかけたほうではないと思います。

絵本はよく読みましたが、ドッツカードも2日に1度くらい、マグネット式のプレイシートは子どもが喜んでペタペタたしているのを見ているぐらいで、システムにのっとって毎日ということはしませんでした。それでも、子どもと一対一で向かい合っている時間、子どもは生き生きと楽しそうに遊んでいました。

もし、このビッテ式「家庭保育園」がなかったら、1日の大半を何気なく過ごして、手応えのない育児になっていたかも知れません。外遊びと家庭内の遊びのバランスがよく、子どもも満足そうな表情をするので、私自身も精神的に落ち着いていました。

長男は、今8歳で、小学2年生になりました。勉強という点では、幼稚園のときにはさほど感じませんでしたが、学校へ上がる頃になると、周囲のお友だちとの比較で、どれほどのところにいるのか様子もだんだん見えてきます。

ほかの友だちのお母さんから、「○○くんはすごいね。勉強もできるし、スポーツもできるし。やっぱりお父さんが先生だからね」と言われます。たしかに主人は小学校の教員ですが、家ではまったく何もしないのです。それを考えると、きっと「家庭保育園」を少しずつでもやってきたことがよかったのだ、と心の中で思います。

成績表「あゆみ」では、1学期は30項目中、28項目が「よくできる」でした。5歳の二男が病気がちで、彼が生まれてからは、長男の勉強が二の次になって、さらに長女が誕生してからはかまってあげられず、私も悪かっとなあと思っています。

もう少し熱心に働きかけをしていれば、もっと広い世界に出て行けたかも知れないのに、と。しかし、現在の彼を見ていると、勉強は授業より先に進んでいるわけではないのですが、先生の話を聞いてすぐ理解できるし、記憶もよくできているようです。

ですから、勉強に運動にと、本当に学校生活を楽しんでいるようで、余裕が感じられます。また、近くの公文式教室に通い始めたら、そこの先生が「家で何か特別なことをしていませんでしたか?算数が特にすごいですよ。こういう子はめったにいませんよ」と言ってくださいました。

posted by kosodate at 05:00| 驚くべき天才児たちの誕生 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。