2013年11月12日

素質、性格も3歳までにほぼ決まる

人間を親と思って育った雁が、やがて空を飛べるようになる感動的な映画「グース」をご覧になった方もおられるでしょう。雁のひな鳥たちは卵の殼を破って、この世界に生まれたときに、まっさきに目に入った動くものを自分の「親」だと思いこむといいます。これは脳への「刷りこみ」と呼ばれる現象です。

この現象によって、「グース」では、ひな鳥たちが最初に殻を破って見た女の子を自分の「親」だと思いこみました。そして、その「親」の後をいつもついて歩くようになり、鳥として空を飛ぶという本来の姿を学習する機会を失なってしまったのです。映画では、飛行機を使ってこの雁の子どもたちに飛ぶということを教えます。飛べる翼を持っていても、「親」が飛ばない限り、雁の子どもたちは飛ぶ技術を修得することができなかったのです。

つまり、雁の素質や性格は、卵の殼を破ってからのわずかな時間に決定されるわけです。ですから、その瞬間は、大切なものなのです。この刷りこみ、すなわち「インプリンティング」が動物の本能になり、自分の身を守る学習になるわけです。

これは比較行動学のローレンツ博士が確立した考えですが、博士によれば、この「インプリンティング」にも時期があり、それを逃せば二度とやり直しが効かなくなるということなのです。人間にとっては、この「インプリンティング」に当たる期間が、やはり3歳までなのです。3歳までに学んだことや習慣、性格はそのまま大人になってもほぼ変わらないのです。

3歳までにいい習慣を覚えれば、それはいつまでも続きますし、逆に悪い習慣を身につければ、それを止めることはなかなかできなくなるのです。日本のことわざの「3つ子の魂、100まで」は、そのことを実に巧みにズバリと表現しています。3歳までに覚えたことは、100歳になっても忘れない、ということですが、これはまさに早期教育の重要性を意味しています。

脳細胞は約140億個と言われていますが、脳の成長を見ると、生まれてからの3年間で、その7、8割を終えてしまいます。「鉄は熟いうちに打て」とも言います。何事であれ、まだ固まらない柔らかい時期に、その型を作りあげなければならないのです。固く冷めてしまってからでは打っても歯が立ちません。鉄も、熟いどろどろした液体のときには、どのような形にもすることができます。それこそ鍋でも釜でも、風鈴にでもできます。

3歳までの幼児が、この熱い鉄の液状の状態なのです。幼児はみな本質的に学びたがっています。ですから3歳までの大切な時期に学ぶ楽しさ、素晴らしさを幼児にしっかりと伝えるのです。そうすれば、あとは自分から進んで楽しく学ぶように成長していくのです。学ぶことが苦ではなくなるのです。

3歳までの幼児の学習能力について、次のような10項目の特徴を挙げています。

  1. 学習の過程は、誕生時、あるいはそれ以前に始まる

  2. 赤ちゃんはみな、学習への情熱をもっている

  3. 幼児は、食べるよりも学ぶほうが好きだ

  4. 子どもは、遊ぶよりも学ぶほうがずっと好きだ

  5. 幼児は、成長することが自分の仕事だと信じている

  6. 小さな子どもは、今すぐにでも大きくなりたいと願っている

  7. 子どもはみな、学習は生きていくための技術だと信じている

  8. そのように信じることは正しい

  9. 幼児はあらゆるものを、今すぐに学びたいのだ

  10. 算数は、学ぶに値するもののひとつである




posted by kosodate at 13:00| 証明された「能力」 | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。